薬丸自顕流

明治維新回天の剣、薬丸自顕流。それは薩摩に伝わる一死必殺の技である。

命もいらず名もいらぬ剽悍薩摩の兵児二才が朝な夕なの激しい稽古で鍛えに鍛えたこの剣は文字通り千鍛万錬。まさに薩摩武士の魂を練り上げた原点なのである。

 


薬丸自顕流 打ちまわり演武

剣を学ぶ現代的な意義とは何か。技の強さに拘泥するならばただの乱暴者で終わる。技の華麗に満足すれば舞踊となる。答えは心を磨くことに尽きる。技を先人に倣って修練し鍛錬するのは、必死三昧の精神性を自ら高めることに結実しなくては意味を持たない。そしてそれを日常のあり方に活かすこと、これが肝要である。


-薬丸自顕流顕彰会活動ニュース-


平成29年11月26日 「古代文明ミステリー たけしの新·世界七不思議大百科」収録

来年1月5日放送予定の「古代文明ミステリー たけしの新·世界七不思議大百科 第5巻」の収録が福昌寺稽古場所にて行われました。

平成30年1月5日20:54から放送予定です。

 

 

平成29年11月19日 清水小学校区文化祭

薬丸自顕流顕彰会本部道場は鹿児島市清水小学校の学区にあたります。その清水小学校区文化祭にて演武ならびに体験教室を実施しました。

平成29年11月5日 大河ドラマ「西郷どん」PR番組収録

11月5日の稽古に合わせて来年のNHK大河ドラマ「西郷どん」のPR番組の収録ロケが行われました。薬丸宗家がインタビューに答えるなど収録に参加ました。

 

平成29年11月3日 弥五郎どん祭り

曽於市大隅町で毎年11月3日に開催される弥五郎どん祭り。鹿児島市のおはら祭り、志布志市のお釈迦まつりと並ぶ鹿児島県県三大祭りの一つと言われる大きなお祭りで、約900年の伝統を誇ります。

その祭りを催行する大隅町の岩川八幡神社にて毎年恒例となった奉納演武を行いました。

平成29年11月1日 鶴嶺神社新嘗祭演武

11月1日、島津家代々の祖霊をお祀りする鹿児島市仙厳園内・鶴嶺神社秋季例大祭において恒例の奉納演武を行いました。

祭事終了後には仙厳園内の御殿にて島津家ご当主修久様主催の直会にて御膳を賜りました。